本当に育児はママの方が良いのか?

「0~3歳児の赤ちゃんにパパとママ、どっちが好きか聞けば、どう考えたってママがいいに決まっている」。国会議員のそんな発言が物議を醸した。
「子供がお母さんと一緒にいられるような環境が必要」と自民党県連の会合で萩生田光一幹事長代行(54)はそんな風に語った。
ツイッターでは男女双方から異論が噴出した。家事や子育ての得意不得意は、性別より個人差が大きく、「母親がやるべきだ」という価値観に追いつけない人もいる。

親子関係を研究する遠藤利彦・東京大教授は「どんな時でも受け止めてくれる養育者の存在は子供の心身の発達に重要。
ただ。母親でなければならないわけではなく、父親や血縁関係のない保護者でもいい」という。
[PR]
by 52678 | 2018-07-13 06:04 | 話題