ブルーインパルスの展示飛行に待った

基地の催しで高度な操縦技術を披露する航空自衛隊の専門チーム「ブルーインパルス」。周辺住民からは航空法違反の疑いがあるとして、刑事告発する動きがある。
名古屋市近郊の住宅密集地近くにある小牧基地。航空祭が開かれる際、目玉になっていたのがブルーインパルスによる展示飛行だ。
だが今年は2月中旬に中止が決定。空自は中止の理由を公表していないが、基地周辺住民でつくる「ブルーインパルスの飛行をやめさせる会」が。
名古屋地検に告発状を送った。告発状によると、航空法では人口密集地の上空で「曲技飛行」をする場合、国土交通相の許可が必要としているので、許可を取っていなかったとしている。
[PR]
by 52678 | 2018-05-15 07:08 | 話題