ネットフリックスの分析力

世界最大の動画配信サービス「ネットフリックス(ネトフリ)」が躍進を続けている。世界の会員数は約1億2500万人に達し、3月には同社作品が長編初のアカデミー賞にも輝いた。
躍進を支えるのは、膨大な視聴データを分析して個人の好みをはじき出し、作品を薦めている。どんなオリジナル作品を制作、又何を配信すればヒットしそうかの予測にも生かす。

ネトフリなどの視聴データ分析は何が新しいのか。堀内進之介・首都大学東京客員研究員は分析の焦点が変わり、人と商品・企業の関係の新しい局面を示していると指摘する。
年齢や性別などではなく、行動履歴を含めた個人データは政治や経済に影響。
[PR]
by 52678 | 2018-05-08 07:38 | 話題