外来種のカマキリが増殖


外来種の「ムネアカハラビロカマキリ」というカマキリが国内で急速に広がっている。在来種のカマキリを駆逐(駆逐)する恐れが心配される。
中国産の竹ぼうきに付いた卵が海を越え侵入してきた可能性が高いと分かった。
専門家は「自宅や学校、公園で使われる竹ぼうきに卵が無いか注意して欲しい」と呼び掛けている。

農林水産省の研究チームの苅部治紀さんは「外来種をこれ以上広げぬよう、公園や学校、ホームセンターなどで、輸入竹ぼうきにカマキリの卵を見付けたら、
燃えるごみとして処分して欲しい」と話している。
[PR]
by 52678 | 2018-04-06 06:43 | 話題