鈴木三男さんの江ノ電の四季展

テレビマン時代に江ノ電が登場する青春ドラマの宣伝に関わったのをきっかけに、江ノ電と沿線風景を鉛筆で描き続ける鈴木三男さん{84}の作品展が、
藤沢の老人ホーム「オーシャンプロムナード湘南」で開かれている。4月20日まで。

鈴木さんは、76年、勝野洋さんらが主演ドラマ「俺たちの朝」の番組宣伝の仕事で鎌倉市の腰越を訪れた。
江ノ電を見ながら鉛筆でデッサンを描き、写真を撮った。これまで描いた作品は約90点という。
本人のお気に入りは「俺たちの朝」の舞台にもなった極楽寺駅の風情ある姿を描いた作品という。
[PR]
by 52678 | 2018-03-15 06:32 | 話題